ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

割安株投資法の奥義を公開した無料レポートが
欲しい方は下のリンクをクリック!!

無料レポートをダウンロード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



こんにちは。割安株投資家の北村です。


今日は、株投資に限らず、「投資」全般に
当てはまる大原則、「損しない」ことの
重要性を書きたいと思います。


かのウォーレン・バフェットも、投資の第一
原則は、「損しないこと」。そして第二原則は
「第一原則を忘れないこと」と言っています。


それだけ、投資では損することを避けなければ
いけません。


確かに、「損すること」は誰でも嫌です。


しかし、上に書いたように、なぜ損することが
いけないかということの「理屈」を認識している
人は少ないのではないでしょうか?


さて、どうして損を避けなければならないか? 


それを説明するために、ある株取引の具体例を
あげてみたいと思います。


あなたは100万円で、ある会社の株を購入しました。


ところがその株は、購入後どんどんさがり、50万円に
なってしまいました。


ここで重要な話があります。


100万円が50万円になったということは、株価が
50%下がったということです。


そして、問題はこの後です。


50%下がった株価が、再び元の100万円に戻るには、
50%下落した株価から100%値上がりしないと
いけないということです。


つまり、もっとわかりやすくいうと、たった50%
下がった株価が元に戻るには、50%下がった時点から
株価が2倍にならないといけないということです。


この説明を読んでしっかり理解してもらえれば、
なぜ損を最大限避けなければならないか、理解して
もらえるのではないでしょうか?


では、私があなたにオススメする割安株投資法は
損することが絶対ないのかと聞かれると、「銘柄
選択を間違えてしまうと損することがある」と、
答えるしかありません。


しかし、このブログで私が何度も書いているように、
割安株投資は「100円の価値がある株を80円で
購入する投資法」なので、もし価値が今後も100円の
ままであることを前提とすると、80円で購入した
時点で、「20円の利益」を得たことが確定します。


また、「割安な株価で購入=底値で購入」となるので
購入後、大きく値下がることは少ないのです。


このブログで私が書いた記事を全て読んでもらえれば
わかることですが、割安株投資法は、未来を予測
したり、他の投資家を出し抜いたり、複雑な数式を
使って将来の株価を予測したりする投資法では
ありません。


確かに、計算する必要はありますが、その時も、
100円ショップで売っている安い電卓一つで
十分なのです。


割安株投資は、どんな時代にも、どんな場所でも
関係なく資産を増やせる投資法です。


そして、この「割安株投資法」は1週間もあれば
マスターできる投資法なのです。


その「割安株投資法」を優しく説明した無料
レポートを私のブログを読んでくれているあなたに
こっそりプレゼントしたいと思います。


「すぐにそれをくれ」という声が聞こえてきます。


申し訳ありませんが、その無料レポートは現在、
鋭意執筆中であり、まだプレゼントすることが
できません。


もうしばらくお待ちください。


 
無料レポートが完成するまでは、このブログの
記事を読んで割安株投資法についてのいろんな
知識を吸収していってください。



お待たせしました。


割安株投資法の奥義を説明した無料レポートを
ただいま配布中です。


無料レポートが欲しい方は下のリンクをクリック!


今日はこの辺で終わりたいと思います。


では、また次のブログでお逢いしましょう。 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

割安株投資法の奥義を公開した無料レポートが
欲しい方は下のリンクをクリック!!

無料レポートをダウンロード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー