ローリスクなのにミドルリターンな割安株投資法の奥義を解説した無料レポートをプレゼント中

どんどん資産を増やせる割安株投資法を1週間でマスターできる無料PDFレポートを、このブログを読んでいるあなただけにプレゼント中。

2016年10月

こんにちは。割安株投資家の北村です。



この記事を読んでいるあなたは、おそらくアメーバ
ブログ
で私が割安株投資について紹介している記事を
読んだのでしょう。



そして、「割安株投資法とはどういうものか?」という
好奇心が出て、このブログへのリンクをクリックし、
さらに2~3の記事を読んでみたと思います。



そしたら、「実は割安株投資法を解説した無料PDF
レポートがもらえる」と知って、申し込もうと思った
のでしょう。



「そうだ、そうだ」と思ったあなたへ。



下にあるメールフォームに、あなたのメールアドレスを
入力し、送信ボタンを押すと、あなたのメールアドレス宛に、
「無料PDFレポート」がダウンロードできるサイトへの
リンクと、パスワードが書いてあるメールが、5分以内に
届きます。



ここで、もし5分経ってもメールが届かない時は、
おそらく入力したメールアドレスが間違っていた可能性が
大です。



なので、お手数ですが、もう一度入力・送信してみてください。



割安株投資法を解説した無料レポートの申込みフォーム
メールアドレス*





でも、まだ申し込むか迷っているあなたへ。



あなたが割安株投資法に興味を持った理由はたくさん
あるでしょう。



例えば、株投資で資産を増やし、リッチな生活をしている人を
知っている。



「投資の神様」と呼ばれているアメリカ人投資家・ウォーレン・
バフェットが莫大な資産を築いた秘訣とは。



定年退職した後の、老後の生活のための資金の心配。



大切な給料を使わず、大好きな車を購入したり、国内や海外
旅行をいっぱいしたい。



子供の教育資金の確保。



など、など。



しかし、あなたは「どうやれば株で資産を増やせるのか?」
知りませんよね?



なので、世界でも大部分の人は、例えば、「株投資の知識の
ない素人のあなたが資産運用すると失敗するので、運用の
プロである私たち、投資信託に資産を預けてください。
そうすれば、あなたの資産を増やしてあげます。」という
勧誘に乗って、証券会社や銀行で投資信託を購入しています。



しかし、「投資」の世界では「自己責任」が付きまといます。



なので、大切な資金を預けて増やしてもらおうと投資信託を
購入しても、必ずしも彼らがいつも資産を増やすわけではなく、
中には大きな損失を出すところもたくさんあります。



しかし、たとえ損しても、「投資信託を購入したあなたが悪い」
「全ては自己責任」という厳しい世界なので、損しても誰も
その損失を補ってくれません。



なので、どうせ「自己責任」なら、いっそのこと自分自身で
株投資をしてみたらどうでしょうか?



でも、ほとんどの方は、「損するのが怖い」と考えています。



私も10年以上の株式投資歴の中で、大損したことがあります。



投資に限らず、トレードや投機にも当てはまりますが、株取引を
する以上、「損するのでは?」という恐怖が付きまといます。



なので、例えば市場の大暴落が起きて資産を全部失った人が
自殺してしまうなどが起こるのです。



また、株を購入した後にも、「明日暴落するのではないか?」
などの心配をしすぎてストレスが溜まり、健康を失ってしまう人も
います。



そんな、「株取引」ですが、私があなたにオススメしている
「割安株投資法」は、「まず損しない」ことを第一に考えて
投資する投資法なのです。



そもそも、この「割安株投資法」は、アメリカの大学教授だった
ベンジャミン・グラハムが、あの「世界大恐慌」が起きて、大勢の
投資家が資産を大きく失ったことをきっかけとして、「もし、
もう一度大恐慌が起きても、資産を失わないようにしよう」と
編み出した投資法なのです。



なので、グラハムも新しい投資法を考えている時に、「損しない」
ことを最も重要視しました。



そういうわけで、グラハムが発明した「割安株投資法」は、たまには
損することもありますが、資産を全部失うという大損はほとんど
起こりません。



「どうして損することが少ないのか?」と疑問に思われた方は、
無料レポートを読めばわかるのでここでは、説明しません。



そして、あなたが一番関心があることは、「リターンはどれくらい?」
というテーマでしょう。



残念ながら、「1年で10倍になる」ということはほとんど
起こりません。



でも、年平均で「10%~25%」のリターンを得ることを
目指せます。



今では、数兆円の資産を保有し、毎年世界の大富豪の上位に
いるウォーレン・バフェットも、
彼の投資成績は、「複利」で
換算すると、年平均20%程度です。



なので、あなたも「年平均20%程度の成績」を続けていけば、
いずれは億単位の資産を持つことができます。



ここで、「%」の数字ではイマイチよく分からない人に、具体例を
あげたいと思います。



あなたが大学を卒業し、働き始めたとします。



そして、25歳くらいまでに、100万円の投資資金を準備できたと
します。



そしたら、その100万円を複利で年平均12%のリターンで
定年退職する40年後まで続けたら、元手が約100倍にまで
増えるのです。



つまり、資産が1億円近くまで増えるのです。



そして、この12%という数字は、割安株投資法をマスターして
いる人には、そんなに難しくない成績です。



ここで注目なのが、割安株投資法を「マスターしている」という
点です!



なんとなく、「割安株投資ってこんなんかな?」と適当に投資
すると、必ず失敗します。



なぜなら、私自身が、「この株、割安だろうな」と判断して適当に
投資した結果、大損した経験があるからです。



しかし、今では、「これが割安株投資法だったんだ~!!」と
理解しているので、大損を取り戻し、さらに資産が増え続けて
います。



その「割安株投資法」をわかりやすく解説し、読んだ後には、
昔流行った「アハ体験」のように一気に「割安株投資法の奥義」を
マスターできるのが、このブログであなたにこっそりプレゼント
している「無料PDFレポート」なのです。



どうでしょう?



読んでみたくなりましたか?



文字が大きく、全部で50ページ弱の無料PDFレポートなので、
1週間もあれば、あなたは「割安株投資の達人」になれ、
次の日から割安株を発掘する宝探しを始め、慎重に行動しても
1ヶ月もあれば、あなたが「これだ!!!」と思う割安株を
見つけ出すことができ、損を恐れず割安株を購入。



そして、あとは自分が満足できる株価になるのを待って売却。



ここで、問題になるのは、「株取引は一日中コンピュータ画面を
見ていないとダメなのでは?」という点でしょう。



確かに、投機家やトレーダーは、株価の細かい値動きでも利益を
出そうとするので、ずっとコンピュータから離れられませんが、
割安株投資では、細かい値動きは気にせずに、大局的に株売買を
するので、あなたが日中本業の仕事をしていても、問題ありません。



逆にいうと、ずっとコンピュータ画面で株価の上下を見ていると、
頻繁に売買したくなってしまい、結果として投機やトレードを
してしまい、損する可能性が大きいので、一日に1回株価を
チェックするくらいの方が、割安株投資では向いています。



以上、「割安株投資法」の紹介をしました。



でも、できればこの記事の文章だけでなく、無料PDFレポートを
ダウンロードして読んで見てはどうでしょうか?



割安株投資法は、どんな時代にも、どんな場所でも、どんなに
時間が経ってもすたれない、「正統派の株投資法」です。



そして、それは無料PDFレポートを読んだら、1週間もあれば
マスターできます。



そして、あなたが学んだことを、あなたの配偶者や兄弟、
お子さん、ご両親などにも教えてあげれば、彼らも株投資で資産を
増やすことができるようになります。



そして、ここが一番重要ですが、割安株投資法の「最大の奥義」は、
「複利の魔法を使う」ということです。



なので、あなたが割安株投資を始めるのが早ければ早いほど、
より大きな資産を築くことができるのです。



以上で、「割安株投資法を解説した無料PDFレポート」の
紹介を終えたいと思います。



まだ、迷っているなら、「すぐ、行動!!!」



では、無料PDFレポートでまたお会いしましょう。



割安株投資法を解説した無料レポートの申込みフォーム
メールアドレス*




フォーム送信後、5分以内にあなたにメールが
届かない場合は、入力したメールアドレスが
間違っている可能性があります。
その時は、もう一度、入力してください。





割安株投資法の無料レポートの申込みありがとうございます。


今後、メールマガジンの配信を希望しない方は
以下のフォームから、配信解除をしてください。


では、あなたの投資が成功することを願って。


割安株投資家 北村 


ライブドアブログ・割安株投資法・メルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

割安株投資法の奥義を公開した無料レポートが
欲しい方は下のリンクをクリック!!

無料レポートをダウンロード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



こんにちは。割安株投資家の北村です。


今日は、株投資に限らず、「投資」全般に
当てはまる大原則、「損しない」ことの
重要性を書きたいと思います。


かのウォーレン・バフェットも、投資の第一
原則は、「損しないこと」。そして第二原則は
「第一原則を忘れないこと」と言っています。


それだけ、投資では損することを避けなければ
いけません。


確かに、「損すること」は誰でも嫌です。


しかし、上に書いたように、なぜ損することが
いけないかということの「理屈」を認識している
人は少ないのではないでしょうか?


さて、どうして損を避けなければならないか? 


それを説明するために、ある株取引の具体例を
あげてみたいと思います。


あなたは100万円で、ある会社の株を購入しました。


ところがその株は、購入後どんどんさがり、50万円に
なってしまいました。


ここで重要な話があります。


100万円が50万円になったということは、株価が
50%下がったということです。


そして、問題はこの後です。


50%下がった株価が、再び元の100万円に戻るには、
50%下落した株価から100%値上がりしないと
いけないということです。


つまり、もっとわかりやすくいうと、たった50%
下がった株価が元に戻るには、50%下がった時点から
株価が2倍にならないといけないということです。


この説明を読んでしっかり理解してもらえれば、
なぜ損を最大限避けなければならないか、理解して
もらえるのではないでしょうか?


では、私があなたにオススメする割安株投資法は
損することが絶対ないのかと聞かれると、「銘柄
選択を間違えてしまうと損することがある」と、
答えるしかありません。


しかし、このブログで私が何度も書いているように、
割安株投資は「100円の価値がある株を80円で
購入する投資法」なので、もし価値が今後も100円の
ままであることを前提とすると、80円で購入した
時点で、「20円の利益」を得たことが確定します。


また、「割安な株価で購入=底値で購入」となるので
購入後、大きく値下がることは少ないのです。


このブログで私が書いた記事を全て読んでもらえれば
わかることですが、割安株投資法は、未来を予測
したり、他の投資家を出し抜いたり、複雑な数式を
使って将来の株価を予測したりする投資法では
ありません。


確かに、計算する必要はありますが、その時も、
100円ショップで売っている安い電卓一つで
十分なのです。


割安株投資は、どんな時代にも、どんな場所でも
関係なく資産を増やせる投資法です。


そして、この「割安株投資法」は1週間もあれば
マスターできる投資法なのです。


その「割安株投資法」を優しく説明した無料
レポートを私のブログを読んでくれているあなたに
こっそりプレゼントしたいと思います。


「すぐにそれをくれ」という声が聞こえてきます。


申し訳ありませんが、その無料レポートは現在、
鋭意執筆中であり、まだプレゼントすることが
できません。


もうしばらくお待ちください。


 
無料レポートが完成するまでは、このブログの
記事を読んで割安株投資法についてのいろんな
知識を吸収していってください。



お待たせしました。


割安株投資法の奥義を説明した無料レポートを
ただいま配布中です。


無料レポートが欲しい方は下のリンクをクリック!


今日はこの辺で終わりたいと思います。


では、また次のブログでお逢いしましょう。 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

割安株投資法の奥義を公開した無料レポートが
欲しい方は下のリンクをクリック!!

無料レポートをダウンロード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

割安株投資法の奥義を公開した無料レポートが
欲しい方は下のリンクをクリック!!

無料レポートをダウンロード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 こんにちは。割安株投資家の北村です。


今日は、割安株投資がローリスク・ミドルリターン
である説明をします。


まず、なぜローリスクか?


それは、ここのブログで何度も書いているように、
100円の価値がある株をそれ以下の安値で購入
するので、たとえ購入した株がさらに値下がっても、
価値は同じなので、しばらく待っていると、
市場参加者が、あなたが購入した株を正当な
価格で評価するようになり、本当の価値である
100円まで株価が戻るからです。 


しかも、多くの割安株投資家は、投資先企業を
分析して、株投資で一番怖いこと、「企業の
倒産」が起こっても、しっかり投資金を回収
できるように計算して購入します。


このような理由から、割安株投資はローリスク
なのです。


では、ローリスクなのになぜミドルリターンが
得られるのか?


まず第一に、割安株投資家は割安になるまで
待って株を購入します。


すると、購入を決めた価格が大抵、底値付近に
なります。


まあ、必ずしも底値で買えるとは限らず、
購入価格からさらに値下がることもあります。


しかし、そこで焦って売るのではなく、反対に
さらに追加して購入すると、平均購入価格が
下がり、いつか株価が上昇し始めると、
追加購入前よりも安い株価で元がとれるように
なります。


そして、もう一つの理由は、平均よりもさらに
大きく値下がりした株は、下落が終わり
株価が上昇し始めると、今度は、平均よりも
さらに値上がることが多いのです。


この市場で度々起こる現象が、割安株投資が
インデックス投資よりも、リターンが大きく
なる理由です。


これが、インデックス投資よりもリターンが
大きい、ミドルリターンになる説明です。 


以上が、割安株投資がローリスク・ミドル
リターンになることの説明でした。


今日は、この辺りで終わろうと思います。


では、また次のブログでお逢いしましょう。 





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

割安株投資法の奥義を公開した無料レポートが
欲しい方は下のリンクをクリック!!

無料レポートをダウンロード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

割安株投資法の奥義を公開した無料レポートが
欲しい方は下のリンクをクリック!!

無料レポートをダウンロード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 こんにちは。割安株投資家の北村です。


今日も、前回と同じような悩みについて書いて
いこうと思います。


割安株投資家は、自分一人の判断で、割安な
株価だと見積もって株を購入します。


しかし、下落を続けていた株を購入しても
すぐに株価が上がるとは限りません。


株価は、株式市場に参加している人全員の
合意で決まっているので、誰も予測できません。


なので、どこまで株価が下がるかや、どこまで
株価が上がるかは、誰にもわからないのです。


だから、あなたは、「割安だ」と判断しても、
他の投資家が「割安でない」と考えていたら、
彼らはまだ購入しないのです。


つまり、その株について、全員が割安だと判断
したら、みんながそろそろ買い始めるので、
結果として株価が上がり始めます。


では、どれだけ下落したら売るべきなのか?


ここで、かの有名なウォーレン・バフェットに
聞いてみましょう。


彼が言うには、購入した価格に自信があるなら、
50%値下がりしても売るべきではない。と
言っています。 


なぜ、売るべきでないと断言できるのは、まず
株価が値下がりしていても、会社が利益を
あげていれば、配当がもらえます。


また、赤字になっていないなら、利益が資産
価格を押し上げるので、例えば購入した時に 
100円の価値があったのが、利益が出た分
価値が利益分上がるので、将来的には、
資産が増えた分だけ、高値で売ることが
できるからです。


また、最近は株の売買手数料が安くなったので
あまり問題にならなくなりましたが、売買
すると、証券会社に手数料を払わないと
いけないので、その損を避けることが
できます。


そして、これが最大の理由だと思いますが、
株を売買したら、利益に税金がかかるからです。


株の売買での税金は、所得税と比較すると
かなり安いですが、それでも利益の20%ほどは
払わないといけません。


ここで、小話。


なぜ金持ちはどんどん金持ちになっていくかという
理由の説明は、株投資などの「投資」での
税金が安いからです。


投資では、利益が千円でも、10億円でも、税率は
同じで、しかも率が低いです。


しかし、所得税では、累進課税なので働いて稼げば
稼ぐほど、税率がどんどん高くなっていきます。


なので、ある程度の資産を持っている人は、税金の
安い株投資などをして、資産を増やしているのです。


また、株投資などは、寝ている間も、投資先の
経営者や従業員が働いていて、自分は働かなくても
どんどん資産が増えていきます。


このような理由から、金持ちは自分の資産を
有効活用して、どんどん資産を増やしているの
です。


話がそれてしまいましたが、割安株投資家が
株を頻繁に売買しない理由は、節税のためです。


具体的に言うとわかりやすいと思いますが、
1年で20%のリターンを得て、その株を
売却すると、そのリターンの20%が税金と
して、税務署に持っていかれます。


つまり、リターンのパフォーマンスが4%
悪くなるのです。


この数字は、1年に10〜25%程度の
リターンを目指す割安株投資家にはかなり
痛い出費です。


なので、割安株投資では、税金面からも
売買手数料からも、できる限り売買を控える
必要があるのです。 


今日の教訓は、「割安だと判断して購入した株が
値下がっても、自分の判断に自信があるなら
持ち続けるのが賢明だ。」ということです。


今日はここら辺で終わりたいと思います。


では、また次のブログでお会いしましょう。 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

割安株投資法の奥義を公開した無料レポートが
欲しい方は下のリンクをクリック!!

無料レポートをダウンロード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




  

このページのトップヘ